newlapin-kuchikomi

2015年6月から販売されている新型アルト ラパンは非常に高い評価を受け、アルトとともに2016年次のRJC カー オブ ザ イヤーを受賞しました。

スズキとしては昨年のハスラーに続く連続受賞となったわけですが、ここでは、そんな新型ラパンのユーザーの評価を口コミからチェックしていきましょう。

新型ラパン スタイリング



新型ラパンのスタイリングについては、口コミでは、全体的なかわいさが高い評価を受けているようです。

特に先代ラパンショコラ譲りの丸目のライトが女性には評判がいいようです。

新型ラパンはターゲットを明らかに女性に絞っているのですが、それでもウサギのマークさえなければ男性が乗っても悪くないデザインという口コミも見受けられました。

newlapin-kuchikomi-01

新型ラパン インテリア



新型ラパンのインテリアは、口コミをみると、エクステリア以上に女性の評判がいいようです。

特に評価が高いのが、女性の部屋にあるような置き時計をイメージしたスピードメーターで、その中にあるマルチインフォメーションディスプレイの評判がとりわけいいようです。

もちろん、車の状況を知らせてくれるのですが、イメージキャラクターのウサギさんが登場してくるだけでなく、記念日などいろんなタイミングでメッセージも伝えてくれるそうなのです。

新型ラパン インパネ等
newlapin-kuchikomi-02

マルチインフォメーションディスプレイ
newlapin-kuchikomi-03

新型ラパン 動力性能



新型ラパンの動力性能の上で大きく変わったのが、新型エンジンの採用と軽量化です。
新型ラパンではエンジンは新たにR06Aエンジンを採用したのですが、スペック上はこれまでのK6Aエンジンに若干劣っています。

これはK6Aエンジンが最高出力の出やすいショートストローク型、R06Aエンジンが燃費がよくトルクが出やすいロングストローク型を採用していますからやむを得ないところではあります。

口コミをみると、車体が120キロも軽量化されていることもあって、動力性能の面では不満の口コミはあまり見かけません。

開発のねらいどおり、案外低速トルクがあって使いやすいという口コミや、これならターボは不要との声もあがっていました。

新型ラパン 走行性能



新型ラパンはでは、目に見えないところも進化していて、新型プラットフォームの採用で、ホイールベースが60mmほど拡大しています。

口コミを見ると、路面からの突き上げもなく乗り心地は良好なようですが、若干固めの設定のようです。

スタビライザーが装着されていないこともあって、若干ロールの大きさを感じるという口コミもありました。

新型ラパン 燃費



新型ラパンは燃費のいい新型エンジンの採用、ボディの軽量化、エネチャージやアイドリングストップの搭載で、CVT車はFFでリッター36.6キロ、4WDでも33.2キロという凄まじい低燃費を実現しています。

モデルチェンジ前がそれぞれ26.0キロ、25.2キロですから、燃費向上の凄さがわかるいます。

当然口コミも良好で、カタログデータまでは出ないものの、リッター25キロくらいは走るらしく、不満の声はほとんど見られません。


口コミを見ると新型ラパンの内外装は、予想どおり女性を中心に高い評価を受けています。

また、新型エンジンや軽量化の効果もあり、動力性能や燃費の面でも満足度は高いようです。

エネチャージだけでも燃費は良好なので、燃費に対する不満の不満の口コミは見かけませんでしたが、S-エネチャージが搭載されればさらに評価は上がるのではないでしょうか。

新型ラパンを最安で購入する3つの秘策


新型ラパンが誕生しました。

新型ラパンのカラーはバリエーション豊かで
そして、女性を対象にした車種だけ合って、
細かい所まで考えられています。

そんな新型ラパンですがまだまだ値引きは
厳しい状況が続いています。

というよりも、
軽自動車自体が下取り時に有利という特徴がありますので、
ディーラー側も強気で販売する傾向にあります。

しかし、これらの条件を逆手にとって
最安で購入できる方法があります。

たった3つの簡単な方法なんですが、
下記の記事に詳細にまとめています。

詳細はこちらからご確認頂けます

自宅で数分で出来るような
目からうろこのような方法ですので
一度確認してみてください。




 カテゴリ

 タグ