ディーラー営業マンが絶対教えないカラクリをあなただけに公開!

lp-h-01

 

普通車と較べて値引きの厳しい軽自動車のラパンを
限界値引きから更に55万円以上安く買えるって本当?

 

 

ラパンを限界値引きから更に55万円以上安く購入出来たカラクリ!

 

 

凄くショックです!

 

 

前から欲しかった「ラパン」を手に入れました。

 

正直、結構安く購入できたと喜んでいたんです。

 

それが・・・

 

 

自分では、値引き交渉について事前に勉強し頑張りましたし、
もうこれ以上の値引きは難しいレベルまでは粘ったはずなんです。

 

 

しかし、自分が限界値引きだと思っていた額より

 

55万円も安く購入する方法があったというんです

 

 

 

55万円もあれば安い中古車が変える額ですよ。本当にショックです。
この方法を事前に知っていれば・・・

 

 

「こんなに後悔しなくても良かったのに!」
と思ってもあとの祭りです。

私はもう新車を購入した後なのでどうすることも出来ません。
 

 

だから、
新車の購入を考えている友人にこの方法を教えてあげました。
 

 

すると、その友人は苦労することなく、限界値引きより
40万円安く購入することに成功したんですよ。
 

 

ここで言う限界値引きとは、「これ以上値引きは難しい」
と感じた値引きのことです。
 

 

人や車種により多少の上下はあるようですが、
再現性の高い方法でした。

 

 

せっかく、このブログを訪問してくれたんですから
私が知らなかったことで後悔した方法をお伝えします。

 

 

だから、私のような後悔はしないでくださいね!

 

 

本当にカンタンな方法なので最後まで目を通してみて下さい。

 

 

ディーラーに行く前にすることがあります!

ショールーム

 

この10年間私の愛車はトヨタのヴィッツ(Vitz)でした。
 

 

10年間大事にヴィッツに乗ってきたんですが
子供も大きくなり、家族での遠出も減ってきました。

 

次は、家族のことを気にせず運転して楽しそうな車が
欲しいなということでラパンが候補に上がったんです。
 

 

そこで、まずはどれくらいの予算が必要なのかを知るために
ディーラーに行くことから始めました。

 

複数の店舗を回って、相見積もりを伝えて交渉かんばりました。

 

 

(よくある光景)

お客さん  「ところで、値引きはどれくらい?」
ディーラー 「車両本体だけなら頑張って●●程度です」
お客さん  「(思ったより厳しいな~)」

 

 

車の購入を考えた時、まず思いつくのは「値引き交渉」ではないですか?

 

ほとんどの人がやっていますね。
 

 

私も2店舗以上のディーラーに出向き、
相見積もりをとって値引き交渉を行いました。

でも、思うような値引き額を引き出せません。
 

 

そんな時です。ディーラーから下記の提案があったのです。

 

「いま乗られているお車ですが、既に登録から10年経過しているので、 
通常だと下取額はゼロですが、いま購入して頂けたら10万円で下取り
させていただきます」

 

というのです。
 

 

正直、愛車は10年乗ったヴィッツだったので、
下取額はゼロだと思っていたんです。

 

それが、10万円になると提案されたんです。
 

 

これって、「値引き額が10万円増えるのと同じ」ことです。
支払うお金が10万円減るんですからね。

 

 

でも、今決めないで来月になったら、
愛車の下取額はもとのゼロに戻るというのです。

 

もうこれ以上値引きは期待出来ないと思ってましたから、
迷った結果、購入を決めました
 

 

でも後日、悪夢が訪れます。
 

 

会社の同僚に今回のことを話すと、
もっと高い価格で下取りできたんじゃ
と言うんです。

 

 

いまさらそんなこと言われても・・・と思いつつも
気になって調べたところ、ある事実を知ることになります。

 

「ディーラー営業マンの交渉テクニックにヤラれた」

 

という事実です。

 

 

ディーラー営業マンが使ったテクニックとは?

 

 

具体的には、
私の愛車ヴィッツの下取り価値は「10万円」ではなく、
65万円」だったということです。

 


私が下取り相場について無知だということを見抜いたディーラー営業マンは、
相場より安く下取り額を見積もったようなのです。

 

(下取り相場について無知なのでバレませんからね)

 


なぜそのようなことをしたのかと言うと、
下取り額を減らした分、値引き額を上積みするため
です。

 


ディーラー側からすると損することなく値引き額を増やせますからね。

 


これ、ディーラー営業マンの間では当たり前のテクニックで、
「値引き充当」というテクニックというらしいです。
 

 

もっと早くこのテクニックのことを知っていれば、
このような事態にはならなかったのに!

 

と思っても、あとの祭りです。
 

 

どこで、ヴィッツの本当の下取り価値が
「65万円」だったと知ったのかですが、
↓の無料一括査定サービスです。

 

かんたん車査定-02

 


なぜ、複数の買取業者に査定依頼を行うのかですが、
買取業者ごとに売れ筋の車種は異なるため、
重点的に仕入れる車種も異なるからです。
 

 

だから同じ車種であっても買取業者ごとに下取額は異なり、
重点的に仕入れたい買取業者は下取額に高値をつけます。

 

⇒無料一括査定サービスで愛車の下取り相場を調べる

 

 

愛車の本当の価値は?一括無料査定を利用した結果は?

 

この無料一括査定サービスを活用して私もビックリ!

 

ディーラーの下取額は10万円だった愛車ヴィッツに
なんと65万円という高値が付いたんです。

 

(10年経っていても人気グレードで状態が良いと高値がつくみたい)

 

 

本当にま・さ・かの出来事でした。
ディーラーの下取査定は「10万円」だったので、
その差はなんと55万円

 

55万円もあれば安い中古車が買えますよ!

 

本当にショックでした!

 

ディーラーに行く前に無料査定を利用して愛車の買取相場を知ることが重要!

 

今回の大失敗の一番の原因は、

 

「愛車の下取り額(価値)に関して事前調査をしないで、
いきなりディーラーに行って価格交渉を行った」

 

ことにあります。

 

値引きに関しても、事前に値引き相場を確認して、
競争環境(競合車や競合店)を作って競わせることで
ある程度の値引き額は引き出すことは可能なので、
人によって、それほど大きな差は生まれません。

 

しかし、

 

下取りは中古車買取店によって売れ筋は異なるため、
重点的に仕入れる車も異なり、当然、仕入れ価格も異なります

 

だから、買取店ごとに下取額が違うため、複数の買取業者から
下取り査定を受ける必要があるんですね。

 

私の場合は「55万円」を損したわけですが、
車種等の条件により買取店による価格差は
「20万円」「30万円」「40何円」「50万円」
とバラバラです。

 

 

このサービスは「必要な入力はたった45秒で完了」し、
「愛車の相場はたった1秒でがわかる」ほど簡単で、
使いやすいサービスでした。

 

  • 新車を出来るだけ安く購入したい
  • 愛車を最大買取価格で売却したい

 

という方は無料で使えるので一度試してみて下さい。
私のように大損しなくて済みます!

 

 

 

※ このサービスを使ったからと言って、査定額に納得いかなければ
無理に売却する必要はありませんので安心して下さい。

 

  ⇒今すぐ愛車の買取価格相場を確かめる

 

 

ご検討をお祈りします。

 タグ